下痢とギランバレー症候群の関連

下痢とギランバレー症候群の関連 - ウイルス感染や細菌感染などがきっかけとなって、本来は外敵から自分を守るためにある免疫のシステムが異常になり、自己の末梢神経を障害してしまう自己免疫であると考えられています

下痢(げり)便秘(べんぴ)おなかSOSドットコムの記事一覧

下痢とギランバレー症候群の関連
ウイルス感染や細菌感染などがきっかけとなって、本来は外敵から自分を守るためにある免疫のシステムが異常になり、自己の末梢神経を障害してしまう自己免疫であると考えられています
糞便移植療法 FMT
糞便移植療法(fecal microbiota transplantation:FMT)は、健常者の便を患者の腸内に投与することで患者の腸内フローラを正常化させることを目的とした治療法です。
感染症に対するプロバイオティクスの効果
プロバイオティクス(probiotics)は「十分な量が投与された場合、宿主に健康上の利益をもたらす生きた微生物」と定義されます。
大腸癌検診で癌が見つかり・・検査結果
便秘や痔、生理でなく2日とも便潜血が陽性だったら、早めに大腸内視鏡検査を受けるべきです。早期に見つかれば内視鏡的切除術で処置することができます。
大腸癌検診で癌が見つかり・・内視鏡検査
検査着に着かえます。お尻の部分に穴の開いた紙パンツとガウンのような検査着です。検査台の上に横向きに膝を抱えるような姿勢になります。
大腸癌検診で癌が見つかり・・
職場の健康診断で大腸癌検診(免疫学的便潜血2日法)で2日とも便潜血が陽性となりました。
プロバイオティクスの健康予防効果とは
プロバイオティクスは、「ヒトに健康効果をもたらす生きた微生物」と定義されます。ヒトの正常な腸内常在菌の維持と調節に重要な機能をもっており、さまざまな機能研究がなされています。
ヒラメやマグロの生食で下痢・嘔吐はクドア食中毒?
クドア食中毒は、ヒラメなどの魚の筋肉に寄生する粘液胞子虫クドアによるもので、2000年頃から報告されるようになった新規の食中毒です
ウイルス性胃腸炎 アイチウイルス
アイチウイルスは、1989年に愛知県衛生研究所でカキ(牡蠣)が原因と推定された胃腸炎の集団発生事例から発見された、直径30nmのエンベロープのないプラス鎖1本鎖RNAウイルスです。
便の観察で疾患・病態が予測できる?
便は消化吸収できなかった食物残渣や消化管の細胞・腸内細菌などで構成されていて、消化・吸収・腸の蠕動運動により、様々な形状を示します。
ドライフルーツの食べ過ぎで起こる下痢症
ドライフルーツを食べ過ぎて下痢をした経験はありませんか。ドライフルーツは生の3〜7倍の食物繊維を含んでいます。その食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、それぞれの働きに違いがあります。
ウイルス性胃腸炎 ヒトアストロウイルス
ヒトアストロウイルスは年間を通じて検出されますが、冬季に好発する傾向があります。潜伏期間は1〜2日で、下痢・嘔吐の症状を呈します
ウイルス性胃腸炎 サポウイルス
サポウイルスは一般的に小児の急性胃腸炎の5%未満の原因であり、その分布は世界的です。感染伝播は糞口経路ですが、サポウイルスがウイルス性食中毒の原因となることは極めて稀です。
胃腸炎をおこすヒトアデノウイルス
ヒトに胃腸炎を起こすウイルスはヒトアデノウイルスFで、この中に血清型40と41が属しています。これらは腸管アデノウイルスとも呼ばれます。ヒトアデノウイルスFによる胃腸炎には季節性がみられません。
ノロウイルスの施設内感染防止対策
ノロウイルス の感染拡大を直ちに阻止することは現実的には非常に困難です。手指消毒が最も大切な対策で、石鹸と流水で20秒以上洗うことが、手指の汚染を減らす最も有効な方法です。
ノロウイルス
カキ等貝類の生食で感染する食中毒の原因ウイルス。冬期に流行し、急性胃腸炎を起こすが、重症化はまれ。
ロタウイルスワクチン
ウイルス性胃腸炎のワクチン予防として、現在ロタウイルスワクチンのみが利用可能です。ロタリックス、ロタテックが認可されましたが、摂取回数の違い(2回と3回)、腸重積症の副反応などの課題が残されています。
ロタウイルス
ロタウイルスは、冬期に発生するウイルス性下痢症の中でも重要な病原体で、5歳までにほとんどの小児が罹患します。
ウイルス性胃腸炎 あるいは 急性下痢症
胃腸炎ウイルスは、先進国と発展途上国とを問わず、急性胃腸炎の主要な原因病原体であり、5歳未満児の下痢症死や下痢症入院の大半の原因となっています。
慢性便秘症に新薬 ルビプロストン
新型の便秘薬ルビプロストンが登場。慢性便秘症の適応を持つ初の薬剤で、長期間投与が可能で耐性が生じにくいのが特徴。
小児の下痢 長く続く下痢には食事療法が重要
小児の下痢 の対策として大切なのは食事療法ですが、何を食べさせても下痢が解消しない、食べてもすぐに下痢をしてしまうので、衰弱してしまうのではないかと心配になります。
夏の急性下痢 ほとんどは細菌感染性胃腸炎
夏の急性下痢 の半数以上は 感染性胃腸炎 で、ほとんどは細菌感染が原因です。中でも カンピロバクター と 腸管出血性大腸菌(EHEC)は注意が必要です。
便秘スコア 便秘のタイプ診断
排便回数、排便困難など、それぞれの症状の度合いを患者自身でスコア化するもので、便秘のタイプ診断に役立ちます。
感染性腸炎と食中毒
感染性腸炎 や 食中毒 という用語は、独立した疾患を指す用語ではなく、複数の疾患をまとめた用語です。このため、使用される状況によって内容が異なる場合があります。
慢性の 旅行者下痢症
長引く下痢 の原因としては、各種微生物の持続感染および重複感染、感染性腸炎後の腸内細菌叢の変化、消化吸収不全、炎症性腸疾患、感染後過敏性腸症候群などが考えられます
旅行者下痢症 急性下痢症 ウイルス性と寄生虫性
主な起因病原体は、ノロウイルス、ロタウイルス、アストロウイルスなどですが実際に診断されることは少ないようです。治療は対症療法が中心となります。
旅行者下痢症 急性下痢症 細菌性下痢症
旅行者下痢症 の 急性下痢症 には、細菌性下痢症・ウイルス性下痢症・寄生虫下痢症があります。
旅行者下痢症
旅行者下痢症は、海外旅行者が旅行中または帰国後に、嘔気・嘔吐・鼓腸・しぶり腹・粘血便などの消化器症状とともに下痢が1日に3回以上みられる場合をいいます。
下痢 腹痛 の原因 セレウス菌感染症
セレウス菌 感染症は殆どが 食中毒 の形をとり、嘔吐型と下痢型があります。土壌などを中心に自然環境に広く分布し、野菜や穀物などの農産物を汚染します。
下痢 腹痛 の原因 エルシニア属菌
一般に エルシニア 感染症といえば、下痢 腹痛 などの 食中毒 様症状を主徴とするY.enterocolitica とY.pseudotuberculosis による感染症をいいます。
細菌性胃腸炎 食中毒
細菌性胃腸炎 は一般に 食中毒 といわれるもので、病原性の細菌が付着した食品を摂取することで起こる感染症です。
腹痛 をきたす疾患 心因性疾患
心因性疾患 でも 腹痛 を起すことがあります。一般的な症状としては、味覚障害・口腔内異常感・食欲異常・嚥下障害・嘔吐・胃アトニー・腹部膨満感・過敏性腸症候群などがあげられます。
腹痛をきたす疾患
腹痛を症状とする疾患には様々なものがあります。一般的には腹部臓器の疾患が多いのですが、それ以外の疾患でも腹痛を認めるものがあるので注意が必要です。
腹痛の種類とメカニズム 関連痛 デルマトーム
関連痛の例としては、胆石発作の際にみられる右肩甲骨や右上腕の痛みがあげられます。
腹痛の種類とメカニズム 体性痛
体性痛とは、自身に深刻な侵襲が加わったことを脳・脊髄神経に直接伝達する警告であり、持続する鋭い痛み・激痛であることが多く、痛みを感じる部位も比較的明瞭です。
腹痛の種類とメカニズム 内蔵痛
内蔵痛とは、消化管の収縮や過伸展によって発生する腹痛をいいます。腹痛の原因疾患を生じた消化管の部位に応じて、体の中心線上の各部位に痛みが出現します。
腹痛を知る 腹痛の分類とメカニズム
腹痛を知るためには、まず腹痛には、どのようなものがあり、そしてその痛みはどのようにして発生するのかを理解することが必要です。
自分でできる便秘改善法 日常生活
日常生活を少し工夫することで、便秘が解消したり、便秘になりにくくなったりします。
自分でできる便秘改善法 食事
不溶性食物繊維だけを摂りすぎると便が硬くなってしまうので水溶性食物繊維と水分を組み合わせることで、排便をスムーズにすることができます。
腸内細菌 善玉菌と悪玉菌
善玉菌には、ビフィズス菌や、乳酸桿菌など乳酸や酪酸など有機酸を作るものが多く、悪玉菌はウェルシュ菌や大腸菌など、悪臭のもととなるいわゆる腐敗物質を産生するものを指します。
本態性低血圧症
高血圧症のように数値による国際的な基準はなく、一般に収縮期血圧(最高血圧)が100mmHg未満を低血圧といいます。
下痢を伴う疾患 ペラグラ ナイアシン欠乏症
ペラグラ(Pellagra)は、ナイアシン欠乏による代謝内分泌疾患の一つです。ペラグラは、ナイアシン不足に加えて日光に当たることによって発症します。
下痢を伴う疾患 アジソン病 慢性原発性副腎皮質機能低下症
アジソン病は、副腎における副腎皮質ステロイドの産生低下を示す症候群をいいます。
下痢を伴う疾患 吸収不良症候群
吸収不良症候群は、経口摂取した栄養素が消化管において、何らかの理由で吸収が阻害された病態をいいます。
下痢を伴う疾患 蛋白漏出性胃腸症
蛋白漏出性胃腸症は、血液中の蛋白質、特にアルブミンが消化管内に異常にもれ出ることによって、低蛋白血症をおこす病気です。
下痢を伴う疾患 大腸憩室症
憩室(けいしつ)は大腸の壁の一部が外へ袋状に飛び出しているものです。便がつまったりして炎症を起こすと(大腸憩室炎)腹痛や発熱、下血をきたします。
下痢を伴う疾患 潰瘍性大腸炎
潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜(最も内側の層)にびらんや潰瘍ができる大腸の炎症性疾患です。主な症状は、下痢(下血を伴うこともある)と腹痛です。
下痢を伴う疾患 クローン病
炎症性腸疾患のひとつで主として若年者にみられ、消化管のどの部位にも炎症や潰瘍が起こりえますが、小腸の末端部が好発部位で、非連続性の病変が特徴です。
家族性大腸腺腫症 家族性腺腫性ポリポーシス FAP
大腸に数百個に及ぶ腺腫性ポリープが発生し、放置すれば非常に高い頻度で癌化する常染色体優性の遺伝性疾患です。
ジアルジア症 ランブル鞭毛虫
ジアルジア症は、Giardia lamblia(ランブル鞭毛虫とも呼ばれる)の感染によって引き起こされる下痢性疾患です。
水様下痢 クリプトスポリジウム症
消化管の細胞に寄生して増殖し、そこで形成されたオーシストが糞便とともに体外に排出され感染源となります。
薬剤起因性腸炎 抗生物質起因性腸炎
薬剤起因性腸炎は、薬剤でひきおこされる腸炎で、その多くは抗生物質が原因です。代表的なものに偽膜性大腸炎と抗生物質起因性急性出血性大腸炎があります。
下痢を伴う疾患 虚血性大腸炎
大腸への血液の循環が悪くなり、必要な酸素や栄養分が供給されなくなるために、大腸粘膜が虚血となり炎症や潰瘍を生じる疾患です。
下痢を症状とする主な疾患
症状として下痢や腹痛を伴う疾患には、主に次のようなものがあります。
水溶性下痢をきたす内分泌疾患WDHA症候群・VIPoma
WDHA症候群は、下痢を主症状とする内分泌疾患です。ほとんどがVIP産生腫瘍により発症し、その大部分が膵内に発生することが知られています。
IBS 過敏性腸症候群の新治療法セロトニン3受容体拮抗薬
セロトニン3受容体拮抗薬 の下痢や腹痛症状に対する有効性は臨床試験でも明らかになり、下痢型IBSの新たな治療薬として大きな期待が寄せられています。
ビフィーナS生きたまま腸に届くビフィズス菌入り粒カプセル
ビフィズス菌と乳酸菌をカプセルに詰めた健康食品「ビフィーナ」は93年の発売以来リニューアルを重ねるロングセラー商品です。カプセルといっても直径2mmの球形の粒で、中には数千万個の菌が入っているのだとか。
便秘が続くとどうなる?便秘の症状と体への影響
便秘が続くと腸内に有害物質が発生し、悪玉菌が増加して様々な症状を引き起こします。便秘が重大な病気を招くことも・・・
便秘のメカニズム・腸のぜん動運動と便秘の種類
便秘の多くは、日常の生活習慣に問題があって起こり、原因や経過などにより、食事性便秘、習慣性便秘(直腸性便秘)、弛緩性便秘、けいれん性便秘に分けられます。
便秘とは
日本内科学会の定義では「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」となっています。
ノロウイルスによる嘔吐・下痢などの急性胃腸炎症状と対策
ノロウイルスはヒトに対して嘔吐、下痢などの急性胃腸炎症状を起こすしますが、その多くは数日の経過で自然に回復します。季節的には秋口から春先に発症者が多くなる、冬型の胃腸炎、食中毒の原因ウイルスとして知られています。
コレラ菌:米のとぎ汁様下痢便
コレラは代表的な経口感染症の1 つで、コレラ菌で汚染された水や食物を摂取することによって感染します。経口摂取後、胃の酸性環境で死滅しなかった菌が、小腸下部に達し、定着・増殖し、感染局所で菌が産生したコレラ毒素が細胞内に侵入して病態を引き起こします。
黄色ブドウ球菌のエンテロトキシンによる毒素型食中毒
ブドウ球菌食中毒は、黄色ブドウ球菌が食品中で増殖する時に産生するエンテロトキシンを、食品と共に摂取することによって起こる毒素型食中毒です。
下痢の原因:腸チフス、パラチフス
チフス菌、パラチフスA 菌はグラム陰性桿菌で、ヒトにのみ感染。ヒトの糞便で汚染された食物や水が疾患を媒介します。感染源がヒトに限られているため、衛生水準の向上とともに減少しています。
その下痢・・甲状腺機能亢進症ではありませんか?
甲状腺ホルモンは、体の代謝を調節する働きがあるので、増加すると消化器系にも影響します。食欲の亢進やのどの渇き、下痢などを起こします
大腸がんの症状 下痢・腹痛
直腸がん、左側結腸(下降結腸、S状結腸)がんの初期症状は、下血(血便・粘液便)です。がんが発育して腸管がつまった状態(内腔狭窄)になると便通異常、腸閉塞状態による腹痛が出現しますが、周囲にがんが浸潤するまでは痛みはありません
下痢の原因・赤痢菌(細菌性赤痢)
感染力が極めて強く、少量の菌でも感染するこの菌は、便とともに排出されるので、感染者の手指や食品がほんの少し汚染されていても、口から体の中に入ることによって感染します(経口感染)。
下痢止め薬・整腸剤
下痢止め薬には、その作用メカニズムによって腸管運動を正常にするもの・整腸剤・殺菌剤・腸管運動抑制剤・収れん剤などがあります。原因と症状を手がかりに、下痢止め薬を選ぶことが大切です。
下痢(げり)のメカニズム
下痢の発生には大きくわけて3つのパターンがあります。1)過剰な腸のぜん動運動による下痢。2)腸の水分吸収低下による下痢。3)腸の水分分泌の亢進による下痢
カンピロバクター感染症
カンピロバクター感染症は胃腸炎症状を主たる臨床像とし、食中毒起因菌に指定されて以来、食中毒事例数においてサルモネラ、腸炎ビブリオ、黄色ブドウ球菌に次ぐ発生頻度を示しています。
お腹をこわす食材の組み合わせ?食いあわせ(合食禁)
食いあわせまたは合食禁(がっしょうきん)は、一緒に食べる時に食材の取り合わせが悪いと言い伝えられているもので、一般に消化に悪いとされています。
食品の細菌汚染検査・カセット式食品細菌数自動計測装置
カセット式細菌数自動計測装置はこれまで1〜2日かかっていた食物試料中の細菌数の計測を、90分以内に自動計測することが可能になります。
下痢の原因・下痢原性大腸菌感染症
下痢原性大腸菌は腸管病原性大腸菌・腸管侵入性大腸菌・毒素原性大腸菌・腸管凝集性大腸菌・腸管出血性大腸菌の5種類に分類されます。
下痢の原因・ウエルシュ菌感染症
エンテロトキシン産生性ウエルシュ菌(下痢原性ウエルシュ菌)が大量に増殖した食品を喫食することにより、本菌が腸管内で増殖して、芽胞を形成する際に産生・放出するエンテロトキシンにより発症する感染型食中毒です。
下痢の原因・ボツリヌス菌
ボツリヌス菌食中毒の原因となりやすい食品は通常、酸素のない状態になっている食品で、缶詰、ビン詰、自家製のいずしなどの保存食品があります。
下痢の原因・腸炎ビブリオ感染症
真水や高温などに弱い菌であるため、生魚を真水でよく洗浄することや、十分に加熱調理することでも感染を予防することが出来ます。
下痢の原因 サルモネラ 感染症
サルモネラの予防は原因食品、特に食肉(牛・豚・鶏)および鶏卵の低温保存管理、食肉や卵は十分過熱することや、調理後は早めに食べるなどの汚染防止が基本です。
下痢便の形状と原因となる細菌・ウイルス
下痢のほかに、発熱・悪寒・激しい腹痛・嘔吐・便に血液や粘液が混じっているなどの症状がみられたら、以下のような細菌やウイルスの感染が考えられます。早めに医療機関を受診しましょう。
下痢をしたときの食事
下痢をしたときは少しでもお腹を休めることが大切です。かといって何も口に入れないのでは体力が回復しません。次の事に留意した食事をとり、十分な休養をとることが大切です。
下痢の原因・糖アルコール(キシリトールなど)、オリゴ糖
清涼飲料水には、甘味を出すために、色々な甘味料が使われていますが、その中で、糖アルコールとオリゴ糖は大量に摂取すると下痢を起こすことがあります。
下痢の原因・アルコール(飲酒)
少量のアルコールは腸の動きを活発にします。しかし大量の飲酒は、水分のとりすぎやアルコールによって腸粘膜が荒らされてしまうなどの理由で下痢になります。
下痢の症状・腹痛
下痢でおこる痛みはこの内臓痛になります。その原因は管腔臓器の内圧の上昇により起こる痛みです。
ミネラルウォーター
ミネラルウォーターは、地下水を原水とする容器入り飲料水をいいます。原水の成分に無機塩添加などの調整を行っていないものは、ナチュラルウォーター・ナチュラルミネラルウォーターと呼ばれます。
水の硬度
硬度 (こうど) は、水に含まれるカルシウム (Ca) やマグネシウム (Mg) の量を表す数値で計算によって求めます。
下痢・水あたり
カルシウムやマグネシウムなどのミネラル(無機質)を多く含む水(硬水)や細菌やウイルスの混入した不衛生な水を飲んだときに起こります。
過敏性腸症候群の改善と治療2
過敏性腸症候群の薬物療法に使用される薬剤には様々な種類があります。いずれの薬剤も専門医の指導が必要です。身体症状、精神症状に対して、対症的な効果を期待して使用されます。
過敏性腸症候群の改善と治療1
過敏性腸症候群の治療には、生活習慣の改善、食事療法、心理療法、薬物療法などがあります。
下痢 過敏性腸症候群 IBS
過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん Irritable Bowel Syndrome:IBS)は、腸に病気(大腸癌・潰瘍性大腸炎など)は存在しないのに下痢や便秘、ガス過多による下腹部の張りなどの症状がおこるものをいいます。
下痢・脱水症状
下痢の症状のなかでも大腸での水分吸収が行われない為に生じる脱水症状は危険です。脱水は、血液(細胞外液)の電解質組成によって低張性脱水、等張性脱水、高張性脱水に分類されます。
下痢治療 経口補水塩
小腸でナトリウムイオンとブドウ糖が吸収される際、これに伴って水も吸収されることから、経口で水を補給するためには、糖と食塩を同時に与える方が水単独で与えるよりも効率的とされています。
下痢とは、下痢の原因
通常、便は大腸内にて水分を吸収された上で排出されますが、何らかの原因で水分を多分に残したまま便意を催して排出される事があります。これが下痢です。
排便のメカニズム(便ができるまで)
排便には「胃・大腸反射」と「直腸・結腸反応」の2つのシステムがあります。口から肛門までは約9メートル。時間にして約30時間〜120時間の長い旅路です。
はじめに必ずお読み下さい
特に対処法や治療に関しては自己判断せずに、少しでも体調がおかしいと感じたら、すぐに専門の医療機関を受診されることをお勧めします。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint