過敏性腸症候群の改善と治療2

過敏性腸症候群の薬物療法に使用される薬剤には様々な種類があります。いずれの薬剤も専門医の指導が必要です。身体症状、精神症状に対して、対症的な効果を期待して使用されます。

スポンサードリンク

過敏性腸症候群の改善と治療2

4)薬物療法
過敏性腸症候群の薬物療法に使用される薬剤には様々な種類があります。いずれの薬剤も専門医の指導が必要です。身体症状、精神症状に対して、対症的な効果を期待して使用されます。
消化器症状には、抗コリン剤・消化管機能調節剤・整腸剤・止痢剤・緩下剤などが使用され、消化器症状以外の身体症状、精神症状には、自律神経調節剤・抗不安剤・抗うつ剤が使用されます。

・抗コリン剤(鎮痙剤):臭化ブチルスコポラミン(ブスコパン)、臭化チメピジウム(セスデン)、臭化チキジウム(チアトン)
※抗コリン剤は平滑筋の収縮を抑制し、鎮痙作用を有するため、腹痛や下痢に有効で、食直後の腹痛の場合は食前に内服します。

・消化管機能調節剤:マレイン酸トリメブチン(セレキノン)、ドンペリドン(ナウゼリン)、クエン酸モサプリド(ガスモチン)、ポリカルボフィルCa(ポリフル、コロネル)、臭化メペンゾラ−ト(トランコロン、配合剤−P)、塩酸ピペタナ−ト+アカメガシワ(イリコロンM)

・整腸剤:乳酸菌製剤(ラックビ−、ビオフェルミン)
・止痢剤:塩酸ロペラミド(ロペミン)、タンナルビン

・緩下剤:酸化マグネシウム、カルメロ−スNa(バルコ−ゼ)、寒天、ピコスルファ−トNa(ラキソベロン)、センナ(アロ−ゼン)、センノシド(プルゼニド)、ダイオウ末
※過敏性腸症候群の便秘は腸管運動亢進による痙攣性便秘であることが多く、刺激性下剤であるセンナ、センノシド、ダイオウ末、ピコスルファ−トNaなどは、かえって腹痛を増強することがあるので注意を要します。

・自律神経調節剤:トフィソパム(グランダキシン)、クロチアゼパム(リ−ゼ)
※不安や緊張を和らげることにより、過敏性腸症候群に伴う精神症状のみならず腹部症状も改善させます。腸以外の症状のいくつかは、全身性の自律神経失調によるため、必要に応じて自律神経調整剤を併用します。

・抗不安剤:ジアゼパム(セルシン、ホリゾン)、オキサゾラム(セレナ−ル)、ブロマゼパム(レキソタン、セニラン)、エチゾラム(デパス)、クエン酸タンドスピロン(セディ−ル)

・抗うつ剤:塩酸イミプラミン(トフラニ−ル)、塩酸アミトリプチリン(トリプタノ−ル)、塩酸ミアンセリン(テトラミド)、スルピリド(ドグマチ−ル)

▽過敏性腸症候群の改善と治療2 のキーワード

▽次の記事、前の記事

過敏性腸症候群の改善と治療1 | 下痢・水あたり

スポンサードリンク

下痢(げり)便秘(べんぴ)おなかSOSドットコム:新着記事

プロバイオティクスの健康予防効果とは
プロバイオティクスは、「ヒトに健康効果をもたらす生きた微生物」と定義されます。ヒトの正常な腸内常在菌の維持と調節に重要な機能をもっており、さまざまな機能研究がなされています。
ヒラメやマグロの生食で下痢・嘔吐はクドア食中毒?
クドア食中毒は、ヒラメなどの魚の筋肉に寄生する粘液胞子虫クドアによるもので、2000年頃から報告されるようになった新規の食中毒です
ウイルス性胃腸炎 アイチウイルス
アイチウイルスは、1989年に愛知県衛生研究所でカキ(牡蠣)が原因と推定された胃腸炎の集団発生事例から発見された、直径30nmのエンベロープのないプラス鎖1本鎖RNAウイルスです。
便の観察で疾患・病態が予測できる?
便は消化吸収できなかった食物残渣や消化管の細胞・腸内細菌などで構成されていて、消化・吸収・腸の蠕動運動により、様々な形状を示します。
ドライフルーツの食べ過ぎで起こる下痢症
ドライフルーツを食べ過ぎて下痢をした経験はありませんか。ドライフルーツは生の3〜7倍の食物繊維を含んでいます。その食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、それぞれの働きに違いがあります。
ウイルス性胃腸炎 ヒトアストロウイルス
ヒトアストロウイルスは年間を通じて検出されますが、冬季に好発する傾向があります。潜伏期間は1〜2日で、下痢・嘔吐の症状を呈します
ウイルス性胃腸炎 サポウイルス
サポウイルスは一般的に小児の急性胃腸炎の5%未満の原因であり、その分布は世界的です。感染伝播は糞口経路ですが、サポウイルスがウイルス性食中毒の原因となることは極めて稀です。
胃腸炎をおこすヒトアデノウイルス
ヒトに胃腸炎を起こすウイルスはヒトアデノウイルスFで、この中に血清型40と41が属しています。これらは腸管アデノウイルスとも呼ばれます。ヒトアデノウイルスFによる胃腸炎には季節性がみられません。
ノロウイルスの施設内感染防止対策
ノロウイルス の感染拡大を直ちに阻止することは現実的には非常に困難です。手指消毒が最も大切な対策で、石鹸と流水で20秒以上洗うことが、手指の汚染を減らす最も有効な方法です。
ノロウイルス
カキ等貝類の生食で感染する食中毒の原因ウイルス。冬期に流行し、急性胃腸炎を起こすが、重症化はまれ。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint