夏の急性下痢 ほとんどは細菌感染性胃腸炎 - 下痢の原因

下痢を起こす原因、下痢を伴う疾患について説明しています。

スポンサードリンク

夏の急性下痢 ほとんどは細菌感染性胃腸炎

夏の急性下痢 の半数以上は 感染性胃腸炎 で、ほとんどは細菌感染が原因です。一般に6〜9月に発生する食中毒は細菌感染によるものが多く、12〜3月にはウイルス感染による食中毒が多いとされています。
細菌感染による胃腸炎の中でも カンピロバクター腸管出血性大腸菌(EHEC)は注意が必要です。カンピロバクターは細菌感染による胃腸炎の中で最も件数が多く、またEHECはベロ毒素(VT)の産生により溶血性尿毒症症候群(HUS)や脳症などの重篤な合併症を発症して死亡するケースがある為早期の処置が必要となります。

夏の急性下痢 ほとんどは細菌感染性胃腸炎 の詳しくはこちら

下痢 腹痛 の原因 セレウス菌感染症

セレウス菌 感染症は殆どが 食中毒 の形をとり、嘔吐型と下痢型があります。わが国では1960年代以降、セレウス菌 食中毒 が報告されており、そのほとんどが嘔吐型です。
セレウス菌 食中毒 の症状は嘔吐型と下痢型で異なります。嘔吐型は食品内で産生された毒素によって発症する毒素型食中毒で、潜伏時間は30分〜5時間で主訴は嘔吐です。1987年に東京で発生した事例での患者318名の症状発現状況を見ると、主な症状は嘔吐、吐き気、下痢、腹痛であり、いずれも軽症でした。一方、下痢型は原因食品内で増えた菌が喫食され、腸管内での増殖とともに産生された毒素によって起こる感染型(生体内毒素型)であり、潜伏時間は6〜15時間と長く、下痢が主症状です。

下痢 腹痛 の原因 セレウス菌感染症 の詳しくはこちら

大腸がんの症状 下痢・腹痛

大腸がんとは、大腸にできた悪性腫瘍をいいます。その発生部位によって、結腸がん(上行結腸がん・S状結腸がんなど)や、直腸がんなどと呼ばれます。“がん”のできやすい場所(好発部位)は、直腸、S状結腸でこの2種類のがんで、大腸がんの70%を占めています。わが国では、結腸がんが多くこれは欧米型の動物性子高脂肪食の摂取が原因と考えられています。大腸がん発生のメカニズムについては、遺伝子レベルでかなり詳細に解明されています。

大腸がんは、がんの腸管壁への広がり(浸潤)が粘膜内あるいは粘膜下層に留まるものを早期大腸がん、筋層以下にまで進んだものを進行大腸がんとしています。
早期大腸がんは、表面の形状によって、隆起型・表面型に分けられ、表面型はさらに表面隆起型・表面平坦型・表面陥凹型に細分されます。早期の大腸がんの多くは、隆起型のタイプで、大腸ポリープからのがん化がほとんどです。

大腸がんの症状 下痢・腹痛 の詳しくはこちら

スポンサードリンク

下痢の原因 のアイテム
下痢の原因・赤痢菌(細菌性赤痢)
感染力が極めて強く、少量の菌でも感染するこの菌は、便とともに排出されるので、感染者の手指や食品がほんの少し汚染されていても、口から体の中に入ることによって感染します(経口感染)。
下痢の原因・糖アルコール(キシリトールなど)、オリゴ糖
清涼飲料水には、甘味を出すために、色々な甘味料が使われていますが、その中で、糖アルコールとオリゴ糖は大量に摂取すると下痢を起こすことがあります。
下痢の原因・アルコール(飲酒)
少量のアルコールは腸の動きを活発にします。しかし大量の飲酒は、水分のとりすぎやアルコールによって腸粘膜が荒らされてしまうなどの理由で下痢になります。
水の硬度
硬度 (こうど) は、水に含まれるカルシウム (Ca) やマグネシウム (Mg) の量を表す数値で計算によって求めます。
下痢・水あたり
カルシウムやマグネシウムなどのミネラル(無機質)を多く含む水(硬水)や細菌やウイルスの混入した不衛生な水を飲んだときに起こります。
下痢 過敏性腸症候群 IBS
過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん Irritable Bowel Syndrome:IBS)は、腸に病気(大腸癌・潰瘍性大腸炎など)は存在しないのに下痢や便秘、ガス過多による下腹部の張りなどの症状がおこるものをいいます。
下痢とは、下痢の原因
通常、便は大腸内にて水分を吸収された上で排出されますが、何らかの原因で水分を多分に残したまま便意を催して排出される事があります。これが下痢です。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint