旅行者下痢症 急性下痢症 ウイルス性と寄生虫性

主な起因病原体は、ノロウイルス、ロタウイルス、アストロウイルスなどですが実際に診断されることは少ないようです。治療は対症療法が中心となります。

旅行者下痢症 急性下痢症 ウイルス性と寄生虫性

旅行者下痢症 の 急性下痢症 には、細菌性下痢症・ウイルス性下痢症・寄生虫下痢症があります。
2)ウイルス性下痢症
基本的には細菌性下痢症と類似しています。臨床的に両者を鑑別することや、病原体を特定することは困難ですが、嘔吐の頻度は比較的高いとされています。
主な起因病原体は、ノロウイルス、ロタウイルス、アストロウイルスなどですが実際に診断されることは少ないようです。治療は対症療法が中心となります。

3)寄生虫性下痢症
寄生虫による下痢症はほとんどが腸管原虫によるもので、潜伏期が1〜2週間と長く、発症も緩徐で伴う臨床症状も比較的軽いのが特徴です。ときに水溶性下痢がみられることもありますが、軟便・間欠的な下痢・腹部違和感・倦怠感の憎悪などの症状で医療機関を受診する場合が多いようです。
起因病原体は、ランブル鞭毛虫が最も多く、開発途上国の滞在により感染します。赤痢アメーバクリプトスポリジウムは比較的少なく、サイクロスポーラは地域ごとに季節特異性(ペルーでは12〜7月の間、ネパールでは5〜8月)があり、潜伏期間も数日で他の原虫と比較すると短くなっています。
病原体診断は、糞便中の虫卵や虫体を直接塗抹標本検査で検出します。ランブル鞭毛虫および赤痢アメーバ症に対して国内で頻用されている治療薬は、metronidazole(フラジール)で、サイクロスポーラ症ではtrimethoprim/sulfamethoxazole合剤(バクタ)が選択されます。

>>細菌性下痢症はこちらから<<

▽旅行者下痢症 急性下痢症 ウイルス性と寄生虫性 のキーワード

▽次の記事、前の記事

旅行者下痢症 急性下痢症 細菌性下痢症 | 慢性の 旅行者下痢症

下痢(げり)便秘(べんぴ)おなかSOSドットコム:新着記事

糞便移植療法 FMT
糞便移植療法(fecal microbiota transplantation:FMT)は、健常者の便を患者の腸内に投与することで患者の腸内フローラを正常化させることを目的とした治療法です。
感染症に対するプロバイオティクスの効果
プロバイオティクス(probiotics)は「十分な量が投与された場合、宿主に健康上の利益をもたらす生きた微生物」と定義されます。
大腸癌検診で癌が見つかり・・検査結果
便秘や痔、生理でなく2日とも便潜血が陽性だったら、早めに大腸内視鏡検査を受けるべきです。早期に見つかれば内視鏡的切除術で処置することができます。
大腸癌検診で癌が見つかり・・内視鏡検査
検査着に着かえます。お尻の部分に穴の開いた紙パンツとガウンのような検査着です。検査台の上に横向きに膝を抱えるような姿勢になります。
大腸癌検診で癌が見つかり・・
職場の健康診断で大腸癌検診(免疫学的便潜血2日法)で2日とも便潜血が陽性となりました。
プロバイオティクスの健康予防効果とは
プロバイオティクスは、「ヒトに健康効果をもたらす生きた微生物」と定義されます。ヒトの正常な腸内常在菌の維持と調節に重要な機能をもっており、さまざまな機能研究がなされています。
ヒラメやマグロの生食で下痢・嘔吐はクドア食中毒?
クドア食中毒は、ヒラメなどの魚の筋肉に寄生する粘液胞子虫クドアによるもので、2000年頃から報告されるようになった新規の食中毒です
ウイルス性胃腸炎 アイチウイルス
アイチウイルスは、1989年に愛知県衛生研究所でカキ(牡蠣)が原因と推定された胃腸炎の集団発生事例から発見された、直径30nmのエンベロープのないプラス鎖1本鎖RNAウイルスです。
便の観察で疾患・病態が予測できる?
便は消化吸収できなかった食物残渣や消化管の細胞・腸内細菌などで構成されていて、消化・吸収・腸の蠕動運動により、様々な形状を示します。
ドライフルーツの食べ過ぎで起こる下痢症
ドライフルーツを食べ過ぎて下痢をした経験はありませんか。ドライフルーツは生の3〜7倍の食物繊維を含んでいます。その食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、それぞれの働きに違いがあります。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint