細菌性胃腸炎 食中毒

細菌性胃腸炎 は一般に 食中毒 といわれるもので、病原性の細菌が付着した食品を摂取することで起こる感染症です。

細菌性胃腸炎 食中毒

細菌性胃腸炎 は一般に 食中毒 といわれるもので、病原性の細菌が付着した食品を摂取することで起こる感染症です。主な症状として嘔気・嘔吐・発熱・腹痛・下痢などがあります。細菌性胃腸炎 の原因菌には、サルモネラ属菌・黄色ブドウ球菌 ・ボツリヌス菌腸炎ビブリオ病原性大腸菌 ・ウエルシュ菌 ・セレウス菌エルシニアカンピロバクター ・コレラ菌赤痢菌などがあります。

食中毒の主な感染経路は、消毒・殺菌が不十分な食品の摂取とその二次感染です。
予防の基本は十分な加熱です。実際に食中毒が起こり、下痢が認められた場合は、体内に毒素が蓄積して症状が長引くのを防ぐため、下痢止めの処方は行わないようにします。この際最も重要なのは、下痢による脱水の補正です。軽症例では水分の経口摂取、重症例では点滴などによる水分量の補正を行う必要があります。
厚生労働省の発表によると、1990年代に多く認められた食中毒は、サルモネラ属菌(ピーク時16,576例/1996年)や腸炎ビブリオ(ピーク時12,318例/1998年)によるものでしたが、その後顕著な改善がみられ、2010年にはそれぞれ2,476例、579例にまで減少しました。また、細菌性食中毒全体でみても、1996年の41,025例以降、2001年15,710例、2010年8,719例と減少傾向にあります。

▽細菌性胃腸炎 食中毒 のキーワード

▽次の記事、前の記事

腹痛 をきたす疾患 心因性疾患 | 下痢 腹痛 の原因 エルシニア属菌

下痢(げり)便秘(べんぴ)おなかSOSドットコム:新着記事

糞便移植療法 FMT
糞便移植療法(fecal microbiota transplantation:FMT)は、健常者の便を患者の腸内に投与することで患者の腸内フローラを正常化させることを目的とした治療法です。
感染症に対するプロバイオティクスの効果
プロバイオティクス(probiotics)は「十分な量が投与された場合、宿主に健康上の利益をもたらす生きた微生物」と定義されます。
大腸癌検診で癌が見つかり・・検査結果
便秘や痔、生理でなく2日とも便潜血が陽性だったら、早めに大腸内視鏡検査を受けるべきです。早期に見つかれば内視鏡的切除術で処置することができます。
大腸癌検診で癌が見つかり・・内視鏡検査
検査着に着かえます。お尻の部分に穴の開いた紙パンツとガウンのような検査着です。検査台の上に横向きに膝を抱えるような姿勢になります。
大腸癌検診で癌が見つかり・・
職場の健康診断で大腸癌検診(免疫学的便潜血2日法)で2日とも便潜血が陽性となりました。
プロバイオティクスの健康予防効果とは
プロバイオティクスは、「ヒトに健康効果をもたらす生きた微生物」と定義されます。ヒトの正常な腸内常在菌の維持と調節に重要な機能をもっており、さまざまな機能研究がなされています。
ヒラメやマグロの生食で下痢・嘔吐はクドア食中毒?
クドア食中毒は、ヒラメなどの魚の筋肉に寄生する粘液胞子虫クドアによるもので、2000年頃から報告されるようになった新規の食中毒です
ウイルス性胃腸炎 アイチウイルス
アイチウイルスは、1989年に愛知県衛生研究所でカキ(牡蠣)が原因と推定された胃腸炎の集団発生事例から発見された、直径30nmのエンベロープのないプラス鎖1本鎖RNAウイルスです。
便の観察で疾患・病態が予測できる?
便は消化吸収できなかった食物残渣や消化管の細胞・腸内細菌などで構成されていて、消化・吸収・腸の蠕動運動により、様々な形状を示します。
ドライフルーツの食べ過ぎで起こる下痢症
ドライフルーツを食べ過ぎて下痢をした経験はありませんか。ドライフルーツは生の3〜7倍の食物繊維を含んでいます。その食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、それぞれの働きに違いがあります。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint