排便のメカニズム(便ができるまで)

排便には「胃・大腸反射」と「直腸・結腸反応」の2つのシステムがあります。口から肛門までは約9メートル。時間にして約30時間〜120時間の長い旅路です。

スポンサードリンク

排便のメカニズム(便ができるまで)

口で噛み砕かれた食物は、食道を通って胃に運ばれます。胃では、消化酵素により食物は粥状〜液状になり、十二指腸を経て小腸へ送られます。小腸では、栄養素や水分が吸収されます。大腸では小腸で吸収されずに残ったものから水分が吸収され、食物のカスが半粥状〜固形状になり便の形に近づいていきます。また、腸内細菌の働きで栄養分の再吸収も行われます。
食物が胃に入ると、胃は大腸にシグナルを送ります。すると大腸は反射的に、便を大腸に送り出す「ぜん動運動」をスタートさせます。これを「胃・大腸反射」といいます。また、便が結腸から直腸へ流れ始めると、骨盤神経から大脳へ「便が到着した」というシグナルが送られ便意がおこります。このシグナルは直腸上部にも送られ、ぜん動運動をスタートさせます。これを「直腸・結腸反応」といいます。

最終的に、便は直腸に送られ、その反射が脳に「便を出したい」という情報を伝えます。脳が情報を受け取ると、便は肛門から排泄される仕組みになっています。 口から肛門までは約9メートル。時間にして約30時間〜120時間の長い旅路です。

便の中身は、消化されずに残った食べ物のカスのほか、腸内の細菌、胃腸からの分泌物、腸壁からはがれ落ちた細胞などが含まれます。また、健康な便150〜200グラムに含まれる水分はおよそ100ccといわれています。ふっくらとして出しやすい便には、適度な空気も含まれています。
一方、便が腸内にとどまる時間が長いほど、便の水分は奪われ、空気は分離し、ガスが発生したり、コロコロの硬い便になったりします。

▽排便のメカニズム(便ができるまで) のキーワード

▽次の記事、前の記事

はじめに必ずお読み下さい | 下痢とは、下痢の原因

スポンサードリンク

下痢(げり)便秘(べんぴ)おなかSOSドットコム:新着記事

プロバイオティクスの健康予防効果とは
プロバイオティクスは、「ヒトに健康効果をもたらす生きた微生物」と定義されます。ヒトの正常な腸内常在菌の維持と調節に重要な機能をもっており、さまざまな機能研究がなされています。
ヒラメやマグロの生食で下痢・嘔吐はクドア食中毒?
クドア食中毒は、ヒラメなどの魚の筋肉に寄生する粘液胞子虫クドアによるもので、2000年頃から報告されるようになった新規の食中毒です
ウイルス性胃腸炎 アイチウイルス
アイチウイルスは、1989年に愛知県衛生研究所でカキ(牡蠣)が原因と推定された胃腸炎の集団発生事例から発見された、直径30nmのエンベロープのないプラス鎖1本鎖RNAウイルスです。
便の観察で疾患・病態が予測できる?
便は消化吸収できなかった食物残渣や消化管の細胞・腸内細菌などで構成されていて、消化・吸収・腸の蠕動運動により、様々な形状を示します。
ドライフルーツの食べ過ぎで起こる下痢症
ドライフルーツを食べ過ぎて下痢をした経験はありませんか。ドライフルーツは生の3〜7倍の食物繊維を含んでいます。その食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、それぞれの働きに違いがあります。
ウイルス性胃腸炎 ヒトアストロウイルス
ヒトアストロウイルスは年間を通じて検出されますが、冬季に好発する傾向があります。潜伏期間は1〜2日で、下痢・嘔吐の症状を呈します
ウイルス性胃腸炎 サポウイルス
サポウイルスは一般的に小児の急性胃腸炎の5%未満の原因であり、その分布は世界的です。感染伝播は糞口経路ですが、サポウイルスがウイルス性食中毒の原因となることは極めて稀です。
胃腸炎をおこすヒトアデノウイルス
ヒトに胃腸炎を起こすウイルスはヒトアデノウイルスFで、この中に血清型40と41が属しています。これらは腸管アデノウイルスとも呼ばれます。ヒトアデノウイルスFによる胃腸炎には季節性がみられません。
ノロウイルスの施設内感染防止対策
ノロウイルス の感染拡大を直ちに阻止することは現実的には非常に困難です。手指消毒が最も大切な対策で、石鹸と流水で20秒以上洗うことが、手指の汚染を減らす最も有効な方法です。
ノロウイルス
カキ等貝類の生食で感染する食中毒の原因ウイルス。冬期に流行し、急性胃腸炎を起こすが、重症化はまれ。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint