腹痛をきたす疾患

腹痛を症状とする疾患には様々なものがあります。一般的には腹部臓器の疾患が多いのですが、それ以外の疾患でも腹痛を認めるものがあるので注意が必要です。

スポンサードリンク

腹痛をきたす疾患

腹痛を症状とする疾患には様々なものがあります。一般的には腹部臓器の疾患が多いのですが、それ以外の疾患でも腹痛を認めるものがあるので注意が必要です。
1)消化器系
a.消化管疾患:炎症、穿孔、外傷、閉塞、痙攣、拡張、血行障害、壊死など
b.腸間膜疾患:血行障害、軸捻転、炎症など
c.胆道疾患:閉塞(腫瘍・結石による)炎症、穿孔など
d.膵臓疾患:炎症、外傷、壊死、膵管閉塞など
e.肝臓疾患:肝炎、肝膿瘍、腫瘍、出血、外傷など

2)泌尿器・生殖器系
a.泌尿器疾患:上部尿路結石症、腎炎、腎腫瘍、遊走腎、馬蹄腎、腎盂尿管移行部狭窄、腎結核、腎外傷、腎動脈血栓症、尿管疾患、膀胱炎、膀胱破裂、尿閉など
b.男性生殖器疾患:前立腺炎、陰嚢外傷、精巣炎、急性精巣上体炎、精巣回転症など
c.女性生殖器疾患:月経困難症、骨盤腹膜炎、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮癌、卵巣腫瘍、卵管炎、卵巣茎捻転、子宮外妊娠、流産、妊娠など
3)骨・筋肉系・神経系
a.脳・神経疾患:脳腫瘍、脳血管障害、脳炎、片頭痛など
b.脊髄疾患:化膿性脊髄炎、結核性脊髄炎、多発性骨髄腫、椎間板ヘルニア、脊椎管狭窄症など
c.その他:後腹膜腫瘍、腹壁の炎症・出血、帯状疱疹など
4)循環器系
a.虚血性心疾患:狭心症、急性心筋梗塞など
b.炎症性疾患:心外膜炎、細菌性心内膜炎など
c.心不全
5)呼吸器系
肺炎、肋膜炎、肺血栓塞栓症、肺癌、気胸、縦隔炎、縦隔腫瘍、気管支喘息など
6)内分泌系・代謝系
a.内分泌疾患:糖尿病性ケトアシドーシス、甲状腺機能亢進症・低下症、副甲状腺機能亢進症、副腎不全など
b.代謝疾患:急性間欠性ポルフィリン症、アミロドーシス、ヘモクロマトーシス、高脂血症など
7)水・電解質異常
低カリウム血症、低ナトリウム血症、高カルシウム血症、熱射病、大量嘔吐、腎不全など
8)血液・造血器系
溶血性貧血、Henoch-Schonlein紫斑病、白血病、悪性リンパ腫など
9)膠原病
全身性エリテマトーデス、結節性動脈周囲炎、皮膚筋炎強皮症、リウマチ熱など
10)感染症・寄生虫症
a.感染症:黄色ブドウ球菌感染症、猩紅熱、リケッチア、マラリア、チフス、パラチフスなど
b.寄生虫症:吸虫症、条虫症、線虫症、回虫症、鉤虫症、鞭虫症、ギョウ虫症など
11)中毒症
a.生物毒中毒:クモ、サソリ、ヘビなど
b.重金属中毒:鉛など
12)心因性不安、恐怖、抑うつなど

▽腹痛をきたす疾患 のキーワード

▽次の記事、前の記事

腹痛の種類とメカニズム 関連痛 デルマトーム | 腹痛 をきたす疾患 心因性疾患

スポンサードリンク

下痢(げり)便秘(べんぴ)おなかSOSドットコム:新着記事

プロバイオティクスの健康予防効果とは
プロバイオティクスは、「ヒトに健康効果をもたらす生きた微生物」と定義されます。ヒトの正常な腸内常在菌の維持と調節に重要な機能をもっており、さまざまな機能研究がなされています。
ヒラメやマグロの生食で下痢・嘔吐はクドア食中毒?
クドア食中毒は、ヒラメなどの魚の筋肉に寄生する粘液胞子虫クドアによるもので、2000年頃から報告されるようになった新規の食中毒です
ウイルス性胃腸炎 アイチウイルス
アイチウイルスは、1989年に愛知県衛生研究所でカキ(牡蠣)が原因と推定された胃腸炎の集団発生事例から発見された、直径30nmのエンベロープのないプラス鎖1本鎖RNAウイルスです。
便の観察で疾患・病態が予測できる?
便は消化吸収できなかった食物残渣や消化管の細胞・腸内細菌などで構成されていて、消化・吸収・腸の蠕動運動により、様々な形状を示します。
ドライフルーツの食べ過ぎで起こる下痢症
ドライフルーツを食べ過ぎて下痢をした経験はありませんか。ドライフルーツは生の3〜7倍の食物繊維を含んでいます。その食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、それぞれの働きに違いがあります。
ウイルス性胃腸炎 ヒトアストロウイルス
ヒトアストロウイルスは年間を通じて検出されますが、冬季に好発する傾向があります。潜伏期間は1〜2日で、下痢・嘔吐の症状を呈します
ウイルス性胃腸炎 サポウイルス
サポウイルスは一般的に小児の急性胃腸炎の5%未満の原因であり、その分布は世界的です。感染伝播は糞口経路ですが、サポウイルスがウイルス性食中毒の原因となることは極めて稀です。
胃腸炎をおこすヒトアデノウイルス
ヒトに胃腸炎を起こすウイルスはヒトアデノウイルスFで、この中に血清型40と41が属しています。これらは腸管アデノウイルスとも呼ばれます。ヒトアデノウイルスFによる胃腸炎には季節性がみられません。
ノロウイルスの施設内感染防止対策
ノロウイルス の感染拡大を直ちに阻止することは現実的には非常に困難です。手指消毒が最も大切な対策で、石鹸と流水で20秒以上洗うことが、手指の汚染を減らす最も有効な方法です。
ノロウイルス
カキ等貝類の生食で感染する食中毒の原因ウイルス。冬期に流行し、急性胃腸炎を起こすが、重症化はまれ。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint