食品の細菌汚染検査・カセット式食品細菌数自動計測装置

カセット式細菌数自動計測装置はこれまで1〜2日かかっていた食物試料中の細菌数の計測を、90分以内に自動計測することが可能になります。

スポンサードリンク

食品の細菌汚染検査・カセット式食品細菌数自動計測装置

食中毒は、細菌に汚染された食品を飲食することでおこります。生菓子や肉・魚介類加工品、弁当などの食品メーカーでは、特に、出荷する食品が細菌に汚染されていないかという点に細心の注意を払っています。食中毒が発生したら、消費者の信頼を一瞬にして失いかねないからです。

そんな中、注目を集めているのが、日立製作所が開発したばかりの食品細菌数自動計測装置です。調べたい食品を水につけ、その水を装置にセットするだけで、大腸菌などによる汚染の有無、その細菌数まで90分で自動計測できるというものです。

従来の食品の細菌汚染検査は、結果が出るまでに24〜48時間かかっていました。細菌が見えるようになるまで、寒天培地で培養する必要があったためです。
「誰でも、簡単に、早く結果をだせる装置を作れないか」という食品メーカー数社からの相談を受け、日立製作所は2005年から研究開発を始めました。細菌を蛍光染色して数を計測する「フローサイトメトリー法(*1)」を応用することで、開発にこぎつけることができました。

カセット式食品細菌数自動計測装置
※カセット式食品細菌数自動計測装置(日立製作所HPより)

その方法は、まず、食品をつけた水に、細菌のDNAだけを染める蛍光色素を混ぜます。この水を細い管の中に流し込み、特殊な波長の光をあてると、生きた菌がいれば赤色、死んだ菌なら紫色に光るようにしました。そして、生きた菌のみを自動計測するという仕組みです。

カセット式食品細菌数自動計測装置の特徴は次の2点です。
1)90分以内での細菌数計測を可能にしたMEMS技術を用いた「フローサイトメトリー法」
MEMS(*2)技術の微細加工を用いて微細流路(寸法:長さ2mm×幅100µm×深さ20µm)の計測部を形成して使い捨てのカセットに搭載することで、送液機構の簡略化および洗浄機構を不要になりました。これにより、装置の小型化を図りつつ、「フローサイトメトリー法」を採用することが可能になりました。「フローサイトメトリー法」では、細菌数を直接計測するために細菌の培養が不要となり、計測終了までを90分以内に行うことが可能になりました。

2)前処理から計測までの全工程の自動化を可能にしたカセット方式
試料原液の食品屑除去および細菌染色などの前処理から細菌数計測までの工程に必要なフィルター濾過部、染色容器、微細流路の計測部などの要素をひとつの使い捨てカセットに集約しました。
カセットには細菌染色の蛍光色素が1回の計測に必要な分量だけ内蔵しているため、使用者は試料原液を注入したカセットを装置に挿入するだけで作業は完了し、装置が全自動で前処理と計測を行います。

今回開発されたカセット式細菌数自動計測装置は小型で取り扱いが容易なため、簡便に食品衛生検査を行う環境を提供できます。また、計測結果を短時間で得られるため、さまざまな付加価値を加えた利用方法が期待されます。
食品メーカーのほか、多くの食事を出す老人ホームや結婚式場からの問合せが増えているようです。

(*1)フローサイトメトリー法
細胞その他の粒子が入った懸濁液を秒速10 〜20m の高速で流動させ、それに光を照射して蛍光や反射光散乱光などを光電管で捕え物質の量の分布や大きさの分布などを測定する方法です。細胞表面マーカーの解析に広く用いられています。

(*2)MEMS技術
MEMS:Micro Electro Mechanical Systemsの略で、立体的な微細加工技術を用いて、高機能を有する微細な立体構造からなるシステム。機械、電子、光、化学などの多様な機能を集積化した微細デバイス全般を指します。

▽食品の細菌汚染検査・カセット式食品細菌数自動計測装置 のキーワード

▽次の記事、前の記事

下痢の原因・下痢原性大腸菌感染症 | お腹をこわす食材の組み合わせ?食いあわせ(合食禁)

スポンサードリンク

下痢(げり)便秘(べんぴ)おなかSOSドットコム:新着記事

プロバイオティクスの健康予防効果とは
プロバイオティクスは、「ヒトに健康効果をもたらす生きた微生物」と定義されます。ヒトの正常な腸内常在菌の維持と調節に重要な機能をもっており、さまざまな機能研究がなされています。
ヒラメやマグロの生食で下痢・嘔吐はクドア食中毒?
クドア食中毒は、ヒラメなどの魚の筋肉に寄生する粘液胞子虫クドアによるもので、2000年頃から報告されるようになった新規の食中毒です
ウイルス性胃腸炎 アイチウイルス
アイチウイルスは、1989年に愛知県衛生研究所でカキ(牡蠣)が原因と推定された胃腸炎の集団発生事例から発見された、直径30nmのエンベロープのないプラス鎖1本鎖RNAウイルスです。
便の観察で疾患・病態が予測できる?
便は消化吸収できなかった食物残渣や消化管の細胞・腸内細菌などで構成されていて、消化・吸収・腸の蠕動運動により、様々な形状を示します。
ドライフルーツの食べ過ぎで起こる下痢症
ドライフルーツを食べ過ぎて下痢をした経験はありませんか。ドライフルーツは生の3〜7倍の食物繊維を含んでいます。その食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、それぞれの働きに違いがあります。
ウイルス性胃腸炎 ヒトアストロウイルス
ヒトアストロウイルスは年間を通じて検出されますが、冬季に好発する傾向があります。潜伏期間は1〜2日で、下痢・嘔吐の症状を呈します
ウイルス性胃腸炎 サポウイルス
サポウイルスは一般的に小児の急性胃腸炎の5%未満の原因であり、その分布は世界的です。感染伝播は糞口経路ですが、サポウイルスがウイルス性食中毒の原因となることは極めて稀です。
胃腸炎をおこすヒトアデノウイルス
ヒトに胃腸炎を起こすウイルスはヒトアデノウイルスFで、この中に血清型40と41が属しています。これらは腸管アデノウイルスとも呼ばれます。ヒトアデノウイルスFによる胃腸炎には季節性がみられません。
ノロウイルスの施設内感染防止対策
ノロウイルス の感染拡大を直ちに阻止することは現実的には非常に困難です。手指消毒が最も大切な対策で、石鹸と流水で20秒以上洗うことが、手指の汚染を減らす最も有効な方法です。
ノロウイルス
カキ等貝類の生食で感染する食中毒の原因ウイルス。冬期に流行し、急性胃腸炎を起こすが、重症化はまれ。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint