誤解 が指定されている記事

誰でも一度は経験のある症状、下痢(げり)と便秘(べんぴ)の原因・メカニズム・対処法・関連疾患について説明しています。

誤解 が指定されている記事

食中毒の主な症状とよくある誤解 : 2022年1月10日
病原性微生物による食中毒の主な症状には以下のものがあります。

▽食中毒の主な症状とよくある誤解のキーワード

誤解の情報を自動で取得!

RSSリーダーを利用して検索結果を購読し、
今後投稿される「誤解」が入っている記事にアクセスできます。

RSSの利用方法をご存知ない方はこちらをご覧ください ⇒ [RSSとは]

フィードを取得 フィードを取得

誤解以外のキーワード

このブログで使われているキーワードは、以下の通りです。
クリックすると、そのキーワードが含まれた記事が表示されます。

下痢(げり)便秘(べんぴ)おなかSOSドットコムの新着情報にアクセス!

主な病原微生物性食中毒の症状と鑑別 2 : 2022年1月17日
低温で増殖するリステリア属、エルシニア属と並んで、真空パック内で増殖可能なので食品衛生の観点から重要な微生物です。
主な病原微生物性食中毒の症状と鑑別 1 : 2022年1月17日
食中毒の症状から原因食材や病原微生物を特定できる可能性があります。
食中毒の主な症状とよくある誤解 : 2022年1月10日
病原性微生物による食中毒の主な症状には以下のものがあります。
下痢とギランバレー症候群の関連 : 2018年10月15日
ウイルス感染や細菌感染などがきっかけとなって、本来は外敵から自分を守るためにある免疫のシステムが異常になり、自己の末梢神経を障害してしまう自己免疫であると考えられています
糞便移植療法 FMT : 2017年10月15日
糞便移植療法(fecal microbiota transplantation:FMT)は、健常者の便を患者の腸内に投与することで患者の腸内フローラを正常化させることを目的とした治療法です。
感染症に対するプロバイオティクスの効果 : 2017年10月 9日
プロバイオティクス(probiotics)は「十分な量が投与された場合、宿主に健康上の利益をもたらす生きた微生物」と定義されます。
大腸癌検診で癌が見つかり・・検査結果 : 2016年5月 6日
便秘や痔、生理でなく2日とも便潜血が陽性だったら、早めに大腸内視鏡検査を受けるべきです。早期に見つかれば内視鏡的切除術で処置することができます。
大腸癌検診で癌が見つかり・・内視鏡検査 : 2016年5月 5日
検査着に着かえます。お尻の部分に穴の開いた紙パンツとガウンのような検査着です。検査台の上に横向きに膝を抱えるような姿勢になります。
大腸癌検診で癌が見つかり・・ : 2016年5月 4日
職場の健康診断で大腸癌検診(免疫学的便潜血2日法)で2日とも便潜血が陽性となりました。
プロバイオティクスの健康予防効果とは : 2014年12月 5日
プロバイオティクスは、「ヒトに健康効果をもたらす生きた微生物」と定義されます。ヒトの正常な腸内常在菌の維持と調節に重要な機能をもっており、さまざまな機能研究がなされています。

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

Copyright (C) 2007 All Rights Reserved 下痢(げり)便秘(べんぴ)おなかSOSドットコム