ロタウイルスワクチン

ウイルス性胃腸炎のワクチン予防として、現在ロタウイルスワクチンのみが利用可能です。ロタリックス、ロタテックが認可されましたが、摂取回数の違い(2回と3回)、腸重積症の副反応などの課題が残されています。

ロタウイルスワクチン

ウイルス性胃腸炎のワクチン予防として、現在ロタウイルスワクチンのみが利用可能です。2009年にはWHO(世界保健機構)がロタウイルスワクチン定期接種を勧奨し、世界120か国以上で認可され、約30か国で定期予防接種に組み込まれています。日本でも2011年にロタリックス、2012年にロタテックも認可されましたが、摂取回数の違い(2回と3回)、腸重積症の副反応などの課題が残されています。

1)ロタリックス(Rotarix)
ヒトロタウイルスG1P[8]株を親株とし、細胞培養とプラーク純化した株を成分とした単体ワクチンです。標準接種時期は生後2〜4か月の2回で、初回接種を生後6〜14週6日間に行うことになっています。
ロタリックスはG1P[8]株による重症下痢症に対して92%、P[8]を共有するG1、G3、G4、G9株に対しても87%の有効性が示されています。一方、血清型の交差性がないG2P[4]株による重症下痢症に対しての有効性は欧州の臨床試験では87%であることが報告されています。

2)ロタテック(RotaTeq)
ウシロタウイルスWC3株を親株(G6P[5])とし、ヒトロタウイルスで多い血清型G1〜G4のVP7蛋白とP[8]のVP4蛋白をコードする遺伝子をヒトロタウイルスからとった5種類の遺伝子分節組換え体を成分としています。標準接種時期は生後2・4・6か月の3回で、初回の接種を生後6〜14週6日の間に行うことになっています。
有効性については、重症下痢症の発症を98%、またロタウイルスによる入院を96%予防することが示されています。

・ロタウイルスワクチンの課題
現行のロタウイルスワクチン(ロタリック、ロタテック)における問題点は、ワクチン自体に由来する問題と、ワクチン接種や制度の問題に大きく分けられます。
1)ワクチン自体の問題
安全性に関する最初の問題は、ロタシールド接種後に1万人に1人の割合で発生した腸重積症の副反応です。現行ロタウイルスワクチンの安全性は大規模臨床試験で確認されましたが、市販後調査での安全性についての結論は出ておらず慎重に監視していく必要があります。市販後明らかになった問題として、ブタサーコウイルスのワクチンへの混入が挙げられます。このウイルスのヒトへの病原性は確認されておらず、FDAの検討ではワクチン接種のメリットのほうがリスクをはるかに上回ると結論しました。また生ワクチンである現行ロタウイルスワクチン接種において、流行する野生株の遺伝子型の変化や野生株との遺伝子組換えの問題についても継続的な監視が必要です。
2)ワクチン接種や制度の問題
現行ロタウイルスワクチンの標準的な初回接種時期は生後2か月ですが、最短で生後6週から可能であり、わが国のこれまでのワクチンの中で最も早い接種時期となります。また、Hib、肺炎球菌、三腫混合(diphtheria,pertussis,tetanus:DPT)、ポリオ、BCGの各ワクチンと重なるため、全てのワクチン接種のためには同時接種が必要となってきます。その他の問題として、ロタリックスとロタテックの接種回数の違いあり、互いのワクチン併用は原則認められていません。
腸重積症の既往、未治療の先天性消化管障害、重症複合免疫不全症の児に対しては接種不適ですが、生後2か月のロタウイルスワクチン接種時に上記疾患の診断がされていない可能性もあるため注意が必要です。またわが国ではロタウイルスワクチンが定期予防接種ではないため現段階で25,000円程度の接種費用負担の問題も残されています。

▽ロタウイルスワクチン のキーワード

▽次の記事、前の記事

ロタウイルス | ノロウイルス

下痢(げり)便秘(べんぴ)おなかSOSドットコム:新着記事

糞便移植療法 FMT
糞便移植療法(fecal microbiota transplantation:FMT)は、健常者の便を患者の腸内に投与することで患者の腸内フローラを正常化させることを目的とした治療法です。
感染症に対するプロバイオティクスの効果
プロバイオティクス(probiotics)は「十分な量が投与された場合、宿主に健康上の利益をもたらす生きた微生物」と定義されます。
大腸癌検診で癌が見つかり・・検査結果
便秘や痔、生理でなく2日とも便潜血が陽性だったら、早めに大腸内視鏡検査を受けるべきです。早期に見つかれば内視鏡的切除術で処置することができます。
大腸癌検診で癌が見つかり・・内視鏡検査
検査着に着かえます。お尻の部分に穴の開いた紙パンツとガウンのような検査着です。検査台の上に横向きに膝を抱えるような姿勢になります。
大腸癌検診で癌が見つかり・・
職場の健康診断で大腸癌検診(免疫学的便潜血2日法)で2日とも便潜血が陽性となりました。
プロバイオティクスの健康予防効果とは
プロバイオティクスは、「ヒトに健康効果をもたらす生きた微生物」と定義されます。ヒトの正常な腸内常在菌の維持と調節に重要な機能をもっており、さまざまな機能研究がなされています。
ヒラメやマグロの生食で下痢・嘔吐はクドア食中毒?
クドア食中毒は、ヒラメなどの魚の筋肉に寄生する粘液胞子虫クドアによるもので、2000年頃から報告されるようになった新規の食中毒です
ウイルス性胃腸炎 アイチウイルス
アイチウイルスは、1989年に愛知県衛生研究所でカキ(牡蠣)が原因と推定された胃腸炎の集団発生事例から発見された、直径30nmのエンベロープのないプラス鎖1本鎖RNAウイルスです。
便の観察で疾患・病態が予測できる?
便は消化吸収できなかった食物残渣や消化管の細胞・腸内細菌などで構成されていて、消化・吸収・腸の蠕動運動により、様々な形状を示します。
ドライフルーツの食べ過ぎで起こる下痢症
ドライフルーツを食べ過ぎて下痢をした経験はありませんか。ドライフルーツは生の3〜7倍の食物繊維を含んでいます。その食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、それぞれの働きに違いがあります。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint